【IT企業勤続30年が語る】働きながら学習できる転職支援付きプログラミングスクール3選

未経験からエンジニアに転身するのに年齢が若い方が圧倒的に有利です。

また、エンジニアが評価されるのは、技術力よりも実務経験になります。

つまりは、少しでも早くIT企業に転職して実務経験を積んでおくことが、自身のエンジニアの価値を高めることになります。

年齢的に余裕がない人は、効率的にIT企業に転職できる転職支援付きのプログラミングスクールに入るのが最適です。

とは言いながら、働きながらプログラミングの学習するのは非常にハードなため、少しでも受講料が安いからという理由で短期集中型カリキュラムのコースを選ぶと挫折する可能性が高くなります。

ここでは、受講料が少し高くても「働きながらプログラミングを学習し、確実にエンジニア転職する」カリキュラムがあるプログラミングスクールをIT企業勤続30年の元採用担当の筆者が3社選びました。

一度、IT企業に就職して実績を積めば、その後フリーランスとして独立の道も開けます。時間や場所にとらわれずに自由な働き方を実現できます。

まずは、無料のカウンセリングや説明会に申し込んで、内容をよく確認してから受講を決めましょう。

目次

なぜ転職支援付きプログラミングスクールが効率的なのか?

未経験からエンジニアに転職するには転職支援付きプログラミングスクールを受講することが一番の近道です。

なぜなら、エンジニア転職を目的とした学習カリキュラム転職ノウハウを提供しているからです。

特に、今回紹介するような実績のあるプログラミングスクールを利用すれば、

  1. メンターが付くので、プログラミング初心者の9割が挫折するといったことも回避できます。
  2. 転職活動で面倒な企業選定や書類作成支援、さらに面接の対策までサポートしてくれます。

つまり、未経験からエンジニア転職するために、プログラミング技術から転職に必要な支援までセットになっていてとても効率的なのです。

※ただし、プログラミングスクールを卒業すれば誰でも希望するIT企業へ就職できるわけではありません。

メンターや周りの受講生から「優秀ですね」と評価されるよう、学習は自発的に取り組む必要があります。

働きながらでもスキルを身につけられる転職支援付きプログラミングスクールを選ぶ基準

結論からいいますと、以下の3点が大事になります。

転職実績が多いこと

転職支援付きで大手のプログラミングスクールは、多数の卒業生をIT企業に輩出している実績があり、企業との繋がりも強いです。

ゆとりがありかつ実績があるカリキュラムであること

10週間などの無理な詰め込みスケジュールでなく、4カ月~6ヶ月にわたりしっかりスキルを身に着けるカリキュラムがあること。また、実績が多いスクールは受講生のフィードバックを参考に内容を改善しており、未経験からIT企業に受け入れられるだけのプログラミング学習を効率的に学ぶカリキュラムとなっています。

転職対策のサポートをしてくれること

面接に必要な履歴書・職務経歴書の添削や模擬面接を始めとしたサポートから、個別企業対策を一緒に検討してくれます。

おすすめの転職支援付きプログラミングスクール

転職支援付きオンラインプログラミングスクール

1位:テックキャンプ エンジニア転職⇒業界最大手。30代でも転職保証あり!

2位:DMM WEBCAMP PRO⇒卒業生の就職先満足度が高い!

3位:CodeCampGATE⇒PHPを学ぶため、企業の需要が高い!

以上の3社はオンラインでもカリキュラムが充実しており、就職先も評判が高いです。

プログラミングスクールで学ぶプログラミング言語

今回紹介するプログラミングスクールでは、WEBアプリケーション開発者に必要なプログラミング言語を学びます。

WEBアプリ開発では、直接ユーザーに目に見える部分を実装するための「フロントエンド言語」と、直接ユーザーには目に見えない裏側部分を実装するための「バックエンド言語」の2種類の言語を用います。スクールそれぞれで主に学ぶ言語は以下の通りです。

フロントエンド言語

  • HTML / CSS
  • JavaScript

バックエンド言語

  • Ruby(テックキャンプ エンジニア転職、DMM WEBCAMP PRO)
  • PHP(CodeCampGATE)

転職前提のおすすめプログラミングスクール ランキング ベスト3

テックキャンプ エンジニア転職(夜間休日スタイル)

言語HTML、CSS、JavaScript、Ruby、Ruby on Rails、SQL、AWS、GitHub
期間6ヶ月
料金オンラインプラン
878,800円(税込) → 月々43,800円(税込)~
通学プラン
987,800円(税込) → 月々49,300円(税込)~
返金・開始後14日間以内であれば全額返金保証あり
・転職できなければ全額返金保証あり
受講スタイルオンライン受講 or 教室通学(東京、大阪、名古屋、福岡)
年齢制限なし
備考転職保証は40歳未満限定

未経験エンジニア転職志望者の約7割がプログラミングスクール出身で、その大半がテックキャンプという現状からして実績No.1のスクールです。

大半のスクールが20代までなのに対して、ここは受講に年齢制限がなく、しかも39歳まで転職保証がついています。なのでとても活況です。

実際は10週間カリキュラムの「短期集中プラン」が人気ですが、働きながらの受講は難しいです。

結果、カリキュラムをただこなしただけの状態で転職活動に入ることになり、企業の選考から外されることもままあります。

そんなことで運営方法に批判的な人もいますが、卒業生のほとんどは「同期仲間がいたのでガンバルことができた!」と受講したことに満足しています。

受講料は高いですが、30代ぎりぎりの年齢で失業せずにエンジニア転職するのであれば「テックキャンプ エンジニア転職(夜間休日スタイル)」が唯一の選択肢になります。

\テックキャンプなら仲間がたくさん/

受講開始から14日以内であれば返金保証あり

DMM WEBCAMP PRO

言語HTML、CSS、Ruby 、Ruby on Rails、JavaScript、jQuery、AWS
期間12週間 or 16週間
料金・624,800円(税込)/12週間 → 月々24,882円(税込)〜
・679,800円(税込)/16週間 → 月々27,541円(税込)〜
返金開始後14日間以内であれば全額返金保証あり
受講スタイルオンラインのみ
年齢制限

なし

備考

転職サポートは35歳未満の人に限定のサービスとなり、35歳以上の人は相談が必要となっています。

DMM WEBCAMPの特徴は就職先の満足度が高いことです。離職率が1%に留まっているのが証拠になります。

短期集中プランの「DMM WEBCAMP COMIT」は「テックキャンプエンジニア転職」と双璧をなす内容ですが、働きながら受講する「PRO」コースは異なる部分が多いです。

まず転職できなかったら返金する「転職保証」ではなく「転職サポート」になります。ただし、20代までではなく34歳までサポートしてくれます。

また、テックキャンプとの差別化になっていた「チーム開発」は概念を学ぶレベルに留まります。

期間は12週間と16週間がありますが、無理せず16週間をおすすめします。

\DMM WEBCAMPは就職先が充実!/

14日以内であれば返金保証あり

CodeCampGATE

言語HTML、CSS、jQuery、PHP、JavaScript、MySQL、Git、GitHub
期間4ヶ月
料金入学金33,000円(税込)+受講料495,000円(税込) 計 528,000円(税込)
返金なし
受講スタイルオンラインのみ
年齢制限30歳未満
備考書類審査あり

CodeCampGATEはバックエンド言語としてPHPを学習します。PHPはJavaに次いで求人数が多い言語であり、転職しやすいと言えます。

20代限定のスクールですが、就職先エリアも首都圏に限らず日本全国となっています。

マン・ツーマン・の授業スタイルが特徴で、学習期間は2ヶ月間の基礎学習と2ヶ月間の実践開発と、働きながらでも無理のないカリキュラムとなっています。

無料受講相談に参加すると、キャリアに応じた勉強時間の作り方、学習内容、仕事を続けながらの時間確保に関するアドバイスも貰えます。

\CodeCampGATEなら若さでイケる!/

メンターとマン・ツー・マンで学んで挫折知らず

まとめ

エンジニア転職のためのプログラミングを学習するのに、今の会社をやめるのはリスクが高すぎます。

多少受講料が高くても、働きながらプログラミング学習できて、転職サポートをしてくれるスクールを選びましょう。

コロナ禍により、今はプログラミングスクールのほとんどがオンラインで受講可能です。

さらに、いつでもどこでも学習ができるので、オンラインスクールは非常に効率的と言えます。

詳しい説明を聞いたり、入校の相談をする分には無料ですので、まずは一歩踏み出してスクールの門を叩いてみましょう。

エンジニアの仲間が増えることを期待します!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる